私にもコウノトリがやってきました

私は25歳で結婚し、そろそろ赤ちゃんがほしいねと主人と話した26歳の時からもう5年経過してしまいました。結婚当初からいつ授かってもいい環境ではあったのですが、2人の生活も楽しみたかったため「なるようになる」ほどの気持ちでした。しかし、半年たっても1年たっても恵まれず自分よりあとに結婚した友達の妊娠報告を数多く聞きました。

少し焦ってきて、主人と話し合った結果2人で検査を受けることにしました。でもお医者様からの答えは「特に問題はありません。あとはタイミングです」と言われ正直驚きました。どちらかになんらかの原因があって不妊だと思っていたのにどちらにも何の問題もなければあとは赤ちゃんがきてくれるのを待つだけしかできないのかと…子供は3人ほど欲しかったため早く授かるためにもすぐにタイミング法というものを始めました。

毎日基礎体温を測り、排卵前後にクリニックに通う生活が始まりました。排卵がまた数日後だと言われたら指定された日にもう1度行き、排卵しそうだったらお尻に注射をうたれ「行為をし、明日またきてください」…正直苦で仕方ありませんでした。自分たちの気持ちとは関係なく事務的にしなくてはいけない苦痛…子供に恵まれるのならと頑張っていましたが毎月通ってもなかなか授かれません。

毎月排卵前後に3日間ほどクリニックに通うためなかなか都合がつけれず、仕事も辞めました。タイミング法から次のステップにかえるタイミングは1年だと聞いていましたがその1年を過ぎても授かることはありませんでした。結果貯めていた貯金もなくなり1度子作りを休憩してみようと気を抜いた次の月にまさかの赤ちゃんが私たちの元にきてくれました!

今思うと早く子供が欲しくて焦りすぎていたのかもしれません。2人で楽しみながらもっと気持ちに余裕を持てていたらもっと早くきてくれてたのかなと反省しました。やっときてくれた赤ちゃん、大切に大切に育てます。

ただ少し不安なことがあります。

それは妊娠中は脇の黒ずみがひどくなるということです。

そこでネット検索をして探しました。

わきの黒ずみ 消す方法を検索したところ、自宅でもわきのケアができるようです。

私もケアを頑張ってみようと思います。

不妊治療のラストスパート!

2人目の妊活を初めて約3年、本格的に病院での不妊治療を始めて1年半。42歳という年齢のためかなかなかよい結果が出ません。43歳の誕生日までは国や市から助成がもらえるので、それまではもう少し頑張る予定です。

夫婦だけで地味に妊活しているときは、妊娠しなくても「よし来月がんばるぞ!」と無邪気にできていたのですが、病院に通い始めてからは、検査などを受けるごとに否応なく自分の年齢や体の衰えなど、妊娠しずらい事実を突き付けられてしまいました。

それを受け入れたうえで、希望を持って頑張ってきましたが、病院の先生のデリカシーのない言葉や対応に傷つき、治療も終了を目前に転院しました。転院先の病院や先生はとても感じがよく丁寧で、技術面でも信頼でき、もっと早く転院すればよかったと思うくらいです。

もうだめかも、という気持ちはありながらも、通院している間は最後まで前向きな期待をもっていたいね、と夫婦で支えあいながら明るく過ごしています。とはいえ先の見えない不安や苛立ち、焦りなどに気持ちが押しつぶされそうになってしまうこともしばしば。一人子どもがいるからまあいいか、とはまだ割り切れません。

気分が落ち込みすぎないように、他のことを考える時間をもつように心がけています。外にでる仕事も半年ほど前に辞めてしまったので、今は在宅でパソコンを使って空いた時間に仕事をしたり、週に1回くらいのペースで好きなバレーボールをしてストレスを発散したりしながら毎日過ごしています。

今月末に顕微授精させ凍結中の受精卵を胚移植します。もしかしたら病院での治療はこれが最後になるかもしれません。明るい期待は持ちながらも、もしダメだったときの気持ちの準備を少しずつしながら臨みたいと思います。

不妊治療 はじめての受診。

35歳の私と32歳の彼。
結婚して半年、お互いの生活ペースもやっと分かってきて、暮らしが落ち着いてきました。
この半年、すぐにでも赤ちゃんが欲しいと思っていたけれど、なかなか妊娠しませんでした。
お互いとても仲良くしているのだけど・・・。
それで二人で不妊治療専門のクリニックを受診しました。
彼も私もまずは検査。
彼の結果は、あまり芳しくなく、ネットで見た情報で亜鉛のサプリメントを毎日飲み始めました。
コンビニで買えるようなお手軽なものです。ミネラルが不足すると精子の数とか元気さが減るとネットには書いてあったので。
私の検査は血液検査、卵管造影までどんどんやりました。
卵管造影ってお腹のマンモグラフィーっていう感じでした。
でも、想像していたより痛くはなかったです。緊張したけど・・。
その日だけは都合をつけてもらって彼に送ってもらいました、病院まで。
不妊治療の入り口に夫婦で立ったという感じがしました。
卵巣や子宮に特に問題が見つからず、でもどうして妊娠しないんだろうね??
年齢からいっても、このまま漠然と時間を過ごせない。
次に人工授精か体外受精か、どちらの道を選ぶのか。
先生のご意見を伺ったら、体外でいってみましょうと。
おおよその予算が体外受精1回につき50万円くらいです。
彼と真剣な話し合いをしました。
彼は、先に予算の上限を決めておこう。きりが無くなってしまう。
という意見。
私は、その意見ももちろんなんだけど・・・それはいくらですか?
と、現実を見つめていたのでした。
彼に内緒の結婚前の貯金をはたいてでも、来年までには赤ちゃんを授かりたいのでした。

何とかならないものだろうか?

不妊治療というのは、すぐに結果が出るが、その結果が芳しくない場合、治療している本人、特に女性は様々なストレスで疲弊してしまう。
まず第一にお金がかかる。不妊治療は保険外診療なので、どこの病院でもかなりの額を支払う事になるが、病院によっても大きく治療費が変わってくる。

経済的に無理な人は結果が出なければやめざるを得ないが、余裕のある人や何とか支払ができる人にとってはやめる時を見極めるのはとても難しい。

不妊専門の病院では、その病院の年齢制限がオーバーしていない限り 『もう無理です』 とは言ってくれないし、あと1回だけ…今年中にはやめよう…とズルズル先延ばししてしまい、無限ループに陥る事になりがちである。

大量の薬を飲み、注射をし、食事や生活リズムに気を使い、頻繁に通院して検査をする。
その検査も内診が中心で、下半身を裸にしないといけないので、いくら医者だとわかっていても、気持ちの良いものではない。

こんなに頑張っているのだから、ダメだったからと言ってすぐに諦める事なんてできないのだ。
そして回数を重ねるうちに旦那との関係もだんだん悪くなっていく。

最初の頃は協力的だった旦那も、毎回 『明日持っていかないといけないから、朝一で出して』 と言われ、 『なんでいつもいつもそんなに急なんだ、オレは種馬じゃないぞ』 という思いになるのか、『明日じゃないとダメ?』とか『明後日にしてよ』とか女性側からしたら、考えられない事を言ってくる。

排卵が近づいてきたら、ほぼ毎日検査に通ってようやくその日を迎えたのだ。自分の意思で排卵ができるわけじゃない。 『明日じゃないとダメ!』 なのである。
その上、不妊治療というのはやった事がない人からは理解してもらいにくく、仕事をしている人は、職場の人から時にはセクハラまがいの言葉をかけられる事もある。

また親戚や親から急き立てられ、窮屈な思いをしなければならなくなる人もいる。
こういった様々なストレスにより、ホルモンバランスも崩れてしまい、それも不妊の原因のひとつになってしまう事もあるかもしれない。

不妊治療を疲弊だけで終わらせず、例え子どもを持つ事ができなくても、その事を不幸だと思わず過ごせる人生を送れるような支援が充実してくれたらいいなと願っている。

不妊治療に関する日記 私の不妊治療経験体験談

私はもともと生理痛が他の人より重い方だと思います。妊娠しにくい体だと自分でもうすうす感じてはいたもののいざ結婚して子作りをしてもなかなか妊娠しませんでした。

1回目の結婚は20代でした。
不妊治療をする余裕がなかったので近くの産婦人科で基礎体温を計って最初はタイミング法から始めました。
次のステップは通水です。
食塩水みたいな液を管を通して子宮に流して卵管に詰まりがないかの検査です。
詰まってない方はスムーズに液が流れ痛みもないのですが私の場合は痛み、吐き気、冷や汗、しまいには立てないくらいになってしまい途中で中断して車いすで運ばれました。
それから漢方を毎食前飲んでました。
そして筋肉注射もしてましたが全然妊娠しませんでした。
ここまでぐらいが普通の産婦人科でやっている治療だと思います。
結婚2年で離婚したので治療はそこでやめました。
30代2回目の結婚をしました。
今度こそはちゃんとした専門の病院で不妊治療をしようと思い結婚してすぐに通い始めました。
最初からやり直しでタイミング法→通水までは同じような感じでした。
次のステップは人工授精です。
5〜6回しましたがダメでした。
先生がまた通水をしてから考えませんか?と言われましたが(通水のあの痛さはもう経験したくないので次のステップしたいですと)言って体外受精に進みました。

体外受精の日にちが決まってそれまでの1ヶ月間1日3回同じ時間に鼻スプレーをしました(病院によってやり方は違うと思いますがこれをすることによって排卵を移植日にこさせるようにすると言われました)。
体外受精当日、全身麻酔なので自分で車を運転してこないでと言われたので主人に付き添ってもらいました。
私はその1回でやっと妊娠する事ができました。
ちなみに私の場合は治療を始めて2年弱で妊娠する事ができました。
体外受精は(不妊治療)高いですけど何もせずに最初からあきらめて子供のいない人生を選ぶか、やるだけやってだめだった方があきらめがつくと思います。